CANASTA BÁSICA

 

食事はただ食べ物を食べることだけではありません。少なくともメキシコではそうです。食事は儀式、義務、そして他の人とつながるための社会活動。食物はエネルギー源となるだけでなく、ヒューマンインタラクションにもなるのです。

メキシコのパーティをイメージしたとき、最初にどんなことを思い浮かべますか? タコス? それともとても辛い唐辛子? そうですね、確かに一般的なイメージです。でも、実際にパーティに参加してさまざまな美味しい料理で彩られたお皿に囲まれたら、それらが手間暇かけて一生懸命作られていることを知るでしょう。メキシコ人にとって食事は調理前から始まっています。そして、最初から最後までみんな一緒に会話を楽しんだり、調理したり、お皿や飲み物、デザートを運んだり、コーヒーを入れたり……。時が経つのを忘れるようなひと時なのです。

『Canasta Básica』(カナスタ・バシカ)とは、メキシコの家庭における最低限必要な基礎食品群。メキシコ人にとって食事は単なる栄養補給だけでなく、豊かな暮らしを送るために必要不可欠な要素です。私たちは私たちの食文化と食にまつわるすべてのインタラクションを紹介していきたいと思います。

 

 

Food goes beyond our dishes. Or, well, at least that is how it works in Mexico. Eating is a ritual, a duty, and a social activity that connects one another. Food becomes not only a source of energy for our bodies but also for our human interactions.

Imagine a Mexican gathering. What do you see first? Tacos? Spicy chillies? Well, yes. You will find those for sure. But also, surrounded by a delicious variety of dishes you will be able to feel the heavy work behind the broad menu. The food ritual starts even before we start cooking; from beginning to end, we all collaborate to make the food and the talk flow. People stand up, move plates, bring drinks, talk to one another, bring the dessert, heat the coffee... it never ends!

In Mexico, Canasta Básica refers to the group of basic nourishments that satisfy a family’s diet. We take the concept to stress food as an essential part of Mexicans life, in a way that goes beyond only eating. We want to introduce our food culture and the whole set of interactions around food that take this basic human need to such a complex level.

 

 

 

CANASTA BÁSICA PREVIEW